ダウンスイングでの腰と背骨

スタック・アンド・チルト打法のドライバーは基本的にはワイドスタンスです。
理由はダウンスイング以降、腰を目標方向に大きく移動させるためです。
一方、スタック・アンド・チルト打法をベースにしてタイガー・ウッズなどの一流選手を指導しているショーン・フォーリーは腰への負担を少なくさせるためでしょうか。スタンスを狭くして腰と上体の回転力を使うようです。
Yanaのスイングはここ半年で随分変化しました。
スタック・アンド・チルト打法Yanaバージョンになってきているようです。
上段は2013年8月、下段は2014年1月です。

腰と背骨傾きYana比較正面

上段はワイドスタンスにしてダウンスイング以降、腰を目標方向にスライドさせるスイングです。
下段はスタンスを狭くしてダウンスイング以降、腰を左後ろポケット方向に引き、廻すようにしています。
それと同時に頭の位置を動かさないようにして、背骨を引っ張りながら上体を回転させています。
用語で説明すると、「バンプ」「カバーリング・ザ・ボール」です。(各用語をクリックすると過去の記事が見れます)

腰と背骨傾きYana比較後方

後方から撮影した同じ日のスイングです。
若干撮影角度が違っていますが、下段の方がインパクトで前傾角度が保たれています。
フォローの足、腰、首の角度を比較してみると、上段は161°、下段は148°で下段の方が前傾が深くなっています。これは腰が、左後ろポケット方向に回転しているからだと思われます。

下段のスイングの方が飛距離はアップしています。ポイントは腰と背骨の連動です。トップで作った腰と背骨の角度を変えないようにフォローまで持っていくのです。体の重い部分である、腰と上体が回転しながらインパクトを迎えるのでボールに与える衝撃が大きく、インパクト音が違ってきています。
安定した回転が出来るようになれば、300ヤードに少し近づくかもしれません。

「スタック&チルトゴルフスウィング」はアマゾンで購入出来ます。

スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt

世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー

今年の初ラウンドで掴んだヒント

年明け1月3日に友達3人と房総カントリークラブ・房総ゴルフコースの東コースでプレーしました。
ブルーティでのラウンドでしたので、スコアカードの表示で6701ヤード、全体にピンが奥目だったので実質6800ヤード以上のややハードなコース設定でした。

スコアは85で普段と変わらないのですが、前半48、後半37なのです。
最近、と言うよりはここ1年位かもしれません。練習場では良いショットなのにコースに出ると、当たりが悪い状態がずうっと続いていました。
前半のアウトコースがその例です。しかし、後半1オーバーで迎えた4ホール目の190ヤード・ショートホールでした。お正月だからでしょうか、3人でプレーしている前の組みが超初心者のようで随分待たされました。
その間、ティーグランドで手にした4番アイアンで軽く素振りをしていたら、友人の一人が「はい、Yanaは連続20回素振り」と冗談まじりで声を掛けたのです。
Yanaはそれに応えて、毎朝やっているように真剣に連続10回素振りをしたところ、何か体がスムーズに廻るような気がしてきたのです。

そのホールはカット目のスライスショットで、ボールはグリーン右サイドに乗ったのですが、ロングパットをオーバーして3パットのボギーとしてしまいました。
しかし、気持ち良くフィニッシュまで振り切れたショットの感触は残り、その後すべてのショットで振り切れるようになったのです。そして残り5ホールを1バーディーとパーで廻って「37」です。
前半と後半をショートゲームスコアカードで比較してみます。

2014-1-3房総コースショ-トゲームスコア

前半の100ヤード以上のグリーンヒットは11%、後半は56%です。
最近は40%以上は殆ど無かったので、満足いくアイアンショットが打てたのが分かります。
ショットが良くなったからでしょうか、アプローチとバンカーも冴え、さらにショートパットも入ると言う最高のパターンになりました。ショートゲームの4回に3回がワンパットでパーを拾っています。前半のアプローチでスコアを崩しているパターンと全く反対です。ショットの良さがゴルフのリズムを作り、スコアをよくする典型です。

考えてみたら今までのラウンドでは振り切れるようなショットは殆どなかったように思います。ボールに合わせるようなショットになっていたのかもしれません。ですから、前回記事のように腰が十分に使えないスイングなってしまうのでしょう。今回は一緒に廻った友人から、連続素振りの後のショットは練習場でのスイングと同じになっていた、と言われたのです。コースで練習場のようなスイングが出来るようになれば、ショットは必ず安定します。

ラウンド前や、ラウンド最中にアイアンでの連続素振りをやると振り切れるスイングが出来て「ショットが切れるようになる」思います。
これがスコアアップの「鍵」なのか、今後のラウンドが楽しみです。

「スタック&チルトゴルフスウィング」はアマゾンで購入出来ます。

スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt

世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー

ドライバーのチェックポイント(ラウンド)

明けましておめでとうございます。
今年もYanaのブログよろしくお願いいたします。
Yanaのスタック・アンド・チルト打法も4年目になります。最近はガイドブックやDVDにある基本的なスイングパターンからやや変化したYana的スタック・アンド・チルト打法になって、ほぼ自分のスイングがイメージ出来つつあります。
具体的にはブログ記事で何回か紹介しているトロイ・マッテソン選手のスイングに近いと思っています。今年はブログタイトルの「300ヤード」と「パープレー」に手が届くような飛躍を自分自身期待しているのですが?
Yanaは今月58才になります。世間的には年々飛距離が落ちていく年齢でしょうがまだまだ行けると思っています。公式戦も決勝に行きたいですね。

このところラウンドの記事が書けないのですが、もちろんスコアが悪いからです。最後に書いたラウンド記事のファースト会で出した79、以降80後半~90台と情けないスコアが続いています。理由はショット、パット共に安定していないからです。練習場でのショットはかなり良くなっているのですが、コースに出るとよくありません。
年末に行った本千葉カントリーでのドライバーショットの動画を見てその理由が分かりました。

コースで練習場のようなスイングが出来ていないからです。コースでのショットイメージは練習場で打つ弾道なのですが、スイングは過去のままなのです。つまり、最近、出来上がってきた動作などは全く出来ていません。その為に、ショットが乱れパットのリズムを崩しているのです。
東コース1番ティーのドライバーです。
2013-12-30本千葉Yanaドライバーチェック①

①練習場ではバックスイング開始で腰を目標方向にスライドさせているのですが、全くできていません。
②左肩の下がりも少なく、背骨の傾きも少ないので頭が後方に動いています。
③トップで腰はさらに後方へ動いています
④左膝が右膝へ寄っています。腰と首筋のセンター軸が守られていません。
2013-12-30本千葉Yanaドライバーチェック②

⑤フェイスが開過ぎです。左手甲が少し上を向いているのでしょう。
⑥腰が目標方向へ出ていません。
⑦インパクトで左膝が伸びていません。
⑧腰が目標方向へ十分移動していないので背骨の傾きが後方になっています。
⑨フィニッシュで腰が目標方向へ突き出ていません。

このスイングを見ると数年前のスイングと同じです。
原因は①の腰の動きです。腰が目標方向へ動かないために、その後の②~⑧の現象が起きてしまうのです。

ゴルフスイングの習得はダンスと同じだとYanaは思っています。
簡単なダンスは誰でもすぐに出来ます。同様にクラブを振るだけのスイングは誰でも出来ます。
でも安定して、飛距離を出したりや弾道のコントロールが出来るスイングは簡単に習得出来ません。
難しいダンスはステップ、腰の動き、上体の動き、腕、手などを正確に順番通りに動かさなければなりません。
ゴルフスイングも体の各部位の動かす順番があるので、そのとおりに動かないと滑らかなスイングになりませんし、思った通りにボールをヒット出来ません。

今回のドライバーはスイング初期の腰の動きが正確に出来なかったために、簡単に出来るスイングに体が反応したのだと思います。練習場でのショット練習は体の動きが順番通りに正確に、自然に出来るようにすることなのかもしれません。

「スタック&チルトゴルフスウィング」はアマゾンで購入出来ます。

スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt

世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ