コックとヒンジ

ゴルフスイングの解説で出てくるコックとヒンジ、どちらも手首の曲げ方についての用語ですが日本語訳を示します。
コック(cock):撃鉄(ハンマー)
・・・・左図の拳銃の⑥の部分です。弾丸の雷管を叩く金属の部品で前後に動きます。

ヒンジ(hinge):蝶番(ちょうつがい)、丁番(ちょうばん)
・・・・右写真。開き戸・開き蓋などの開く建具を支え開閉できるようにする部品。
撃鉄と丁番

さて、ゴルフにおいてのコックとヒンジですが、中々明確に区別されていないようです。
それぞれの単語の意味からするとコックは「縦の動き」で、ヒンジは「横の動き」のようです。
コックとヒンジ手首アップ

左写真2枚はコックです。手首を親指方向に曲げています。
右写真2枚がヒンジです。手首を右手甲側に曲げています。
スイング解説によっては手首の動きはコックとヒンジの両方の動きが必要のようですが、最近、Yanaはコックだけを意識するようにしています。

スタック・アンド・チルト打法ではスイング中、右手首の角度を変えないように説明されています。右腕とシャフトが作る角度をフライングウェッジと言い、この形を作るのが右手首のコックです。ヒンジでも同じ形になります。
コックとヒンジのフライングウェッジ
左写真が「コック」によるフライングウェッジです。
右写真が「ヒンジ」によるフライングウェッジです。(赤い線が作る角)
ここで重要なのが左腕です。コックの方は左腕の手首辺りが内転しています。「ヒンジ」の方は内転が見られません。(青い矢印)
左腕の内転はとても重要な要素なので機会があったら記事にしてみます。
以前、Yanaはフライングウェッジを作るのに「ヒンジ」の意識が強かったのです。もちろんコックもしているのですが右手首を甲側に深く曲げて、インパクトでスナップを効かすようにしていたのですが、スタック・アンド・チルト打法ではあまり良い動作ではありません。

スタック・アンド・チルトのDVDでは「インパクトではクラブをリリース(開放)し、フォローでリコック(再コック)する」と解説されています。「ヒンジ」を強く意識したインパクトでクラブをリリースすると右手首のスナップが効いてフライングウェッジの形が崩れてしまいます。(下写真左)さらに、ヘッドが先行して左手首が甲側に折れる「フリップ」(下写真左2枚目)になってしまい、飛距離の出ない、方向性が安定しないショットになってしまいがちです。
フリップとサムダウン
今は「コック」を意識したフライングウェッジ(上写真右3枚目)なので、インパクトでクラブをリリースしてもフライングウェッジは崩れず、飛距離アップに重要な「サムダウン」(右写真4枚目青い線)になり、このままフォローで親指方向にクラブを立てるとリコック(再コック)します。
つまり、フライングウェッジを崩さずにスイング出来るのです。
また、前回記事の「手首を柔らかく使う」のはコックの動作なのです。


スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt


世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー


切り返しのヘッドの動き

Yanaにとっての今年の公式戦も終わり、来年に向けて本格的なスイングの調整を始めます。
一番はダウンスイングの「タメ」です。「タメ」を作るのに重要なのが、切り返しでのヘッドの動きです。
もっともこの部分がプロとアマチュアの決定的な違いでもあるのです。
多くのアマチュアは切り返しでヘッドが上昇します。プロはヘッドが地面と平行に動きます。

切り返しヘッド動きPGA・Yana比較

左はPGA選手のトロイ・マッテソン、チャーリー・ウイ、グラント・ウエイトです。
一番右はYana。
PGAの3人共切り返し後のヘッドはほぼ地面と平行に動いています。
Yanaのヘッドは上昇しています。PGA選手はクラブを引き付けるように「タメ」を作っています。
もう、一年以上、ヘッドを地面と平行に動かそうとしていますが上手くいきません。
以前は上体に力が入っていて絶対に出来そうもなかったのですが、ここに来て上体の力を抜くことを覚えてきたので何とかなりそうです。必要なことは、
①グリップをゆるく
②手首を柔らかく
③腕の力を抜く
そうです、ゴルフ雑誌によく書かれていることです。しかし、この3点を的確に守ってスイングするのは難しいことです。①と③は実践出来ています。でも、②の「手首を柔らかく」することはあまり考えていませんでした。
最近素ぶりをしていて気がついたのが、下図の左のようにヘッドを「置き去り」にした切り返しは「手首を柔らかく」使うことです。

Dr正面手とシャフトの軌道比較ウイ・Yana

左はチャーリー・ウイの左腕とシャフトの軌道、右はYanaです。

Yanaは切り返しの角度のままダウンスイングしているので、ヘッドは大きく動いています。
左腕が地面と平行になった時にシャフトとの角度が90度で、ここでクラブはリリースされてしまいます。ヘッドスピードが上がらない原因です。

チャーリー・ウイはダウンスイング開始後に左腕とシャフトの角度が鋭角になりヘッドの動きは少なくなっています。(手首を柔らかく使っている)そして、左腕が右足の前に下がった時にシャフトとの角度が90度で、ここからクラブはリリースされます。これによりヘッドスピードが最大になってインパクトを迎えます。
つまり、切り返しで手首を柔らかく使えるようになれば「タメ」ができます。
この手首の動きを何とか習得したいものです。

スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt


世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー

第55回ファースト会で優勝

年に4回行われているファースト会コンペで優勝しました。Yanaのブログで何回となく紹介していますがこのコンペの参加者の多くは競技ゴルフをやっていて、中には全日本クラスや県アマの決勝常連の方々もいます。
今年の横浜市民大会グロスの部で2連覇をしたKさん、2位タイのWさん、そして同じ大会の女子グロスの部で優勝したHさんも特別参加されていました。
会場はジャパンPGAゴルフクラブでバックティ、6910ヤードです。参加者37人中(男性32人、女性5人)70台が11人、80台が16人、90台が9人、100以上が1人のハイレベルのコンペです。

Yanaは2010年12月の第44回からハンデ11で参加していて、今回で12回目の出場になりますが過去の自己ベスグロは、唯一レギュラーティーで行われた立野クラシックでの83です。それ以外は80台後半から90台前半と振るわない成績でした。ネット順位も4位が最高でハンデは初参加したときと変わりません。ハンデ11もあるのですから80台前半で廻れば優勝に絡むのですが、毎回バックティーで行われるので簡単にはいかないのです。
今回はグロス79、ネット68で2位に2打差の優勝です。これでハンデは5になったのですが、しっかり練習して次回からも優勝を狙いますよ。

今回の勝因はショートゲームとパットです。ショットはあまりよくありませんでした。特に最近身につけてきた「バンプ」のタイミングが上手く取れずフィニッシュが崩れるスイングになってしまったのです。ドライバーの飛距離は240~260ヤードでした。練習場では上手くいってもコースでは上手く出来ないパターンです。つまり本物になっていないので、今後の練習でしっかりと身につけないといけません。

そんな訳でスタートホールはドライバーのチョロショットで30ヤードしか飛ばない左OBで始まってしまいました。前半途中でセカンドOBもありアウト42です。
後半も出だし3ホールでボギー、ボギー、パー、4ホール目の13番ホールのパー5でドライバーOBがあったのですが、アプローチとパットで凌いでボギーで収めました。しかし4ホール消化して3オーバーと重苦しい気持ちです。

JPGA14番チップイン

続く14番のショート184ヤードパー3、打ち下ろし10ヤード引いて174ヤードを6番アイアンで打ったドローボールは風に流され左のラフへ行きました。ラフは長めでボールはちょっと沈んでいました。グリーンは右傾斜で下っています。ボギーで収めるのがやっとの状況です。グリーンサイドまで10ヤード、ピンまで20ヤードを快心のロブショットが打て、ピン上3ヤードに落ちたボールはスピンが効いてゆっくりとホールへ向かいそのままカップインのバーディーです。5ホール終わって2オーバーと状況が変わったため、前向きな気持ちになり続く3ホールをパーとしました。最終の18番ロングホールでは70ヤードのアプローチを強目に打ってしまい、何とか3オンしたものの10メートルの下りパットが残ってしまいました。寄せてパーで終わって2オーバーのつもりがバーディーフィニッシュとなり、1オーバーの37としたのです。

今までゴルフをやってきてゴルフの流れを良い方に変えるショット、パットと言うのを体験したことがありませんでした。70台のスコアでも1日の流れで出たスコアで結果的に「あのホールのあのショット、あのパットが流れを変えたんだ」と思うことはあってもプレー中に「気持ちが切り替わって流れがよくなる」という体験は初めてです。おそらくプロやトップアマは常にこのような流れを感じてスコアを作っているのだと思いました。

そして、今回良かったショートゲームとパットの秘訣を紹介します。
まずは、パットです。今年の公式戦でことごとく上手くいかなかったパッティング。4試合すべて40パット以上でした。元々パットの距離感を出すのは上手いと思っていたので、弱点の1m位のショートパットをひたすら家で練習していました。各試合前には結構自信があったのですが、重いグリーンでミドル、ロングパットの距離感が合わず、カップ廻りでボールが曲がって3パットの連続になってしまったのです。結局、遊びのゴルフでの距離感は絶対的なものでなく、試合の緊張した局面では「感に頼ったパット」は全く役にたたないことが分かったのです。

そこで、考えたのが「感頼りのパット」でなくパッティングに基準を持つことです。ボールスピードをコントロールし、どんなグリーンコンディションでも距離が合わせられるようにするのです。ゴルフのゲームは物理法則に従っていることが多くあり、グリーン上のボールの転がりもその一つです。下るボールは加速し上るボールは減速します。速いグリーンはよく転がり、遅いグリーンは転がりが悪くなります。つまり、同じスピードでも速いグリーンは遠くまで転がり、遅いグリーンではすぐに止まってしまうのです。
自分の体に絶対的なボールスピードを打てる「基準」を持っていれば、練習グリーンでどのスピードで何m転がるか知ることができます。

例えばユピテルの計測器によるパッティングの距離測定ではスティンプメーター8.8フィートでボールスピード1.2m/sの場合は2.5m転がるようです。(芯を外した場合は距離が短くなります)
もし、スティンプメーター10フィートであれば同じスピードでも3m以上転がるでしょうし、逆に7フィートくらいであれば2m以下になるでしょう。
そのユピテルの計測器を使って、ボールスピード1m/s~3m/sを体に覚え込ませたのです。まだまだ完璧ではないのですが、大体は出来るようになりました。

今回のグリーンコンディションはスティンプメーター7.5とかなり遅かったのです。スタート前の練習グリーンで各スピードに対するボールの到達距離をメモしました。例えば1.2m/sで2m、1.7m/sで4mです。このスピードは自分の体で感じるスピードなので計測したら違うかもしれません。でもそれは関係ないことです。その日の自分のボールスピードが一定していればよいのですから。
ラウンド中はそのメモを見て、上り下りの傾斜を考慮して打ち出しのボールスピードを決めたのです。今までであれば距離感が狂いそうな遅さですが、今回はバッチリ合いました。ロングパットを含め1パット目がすべてOK(30cm以内)に寄ったのです。また、2メートル位のパットも3分の2は入りました。
このようにボールスピードを考えてパットすることがパットの上達の鍵なのかは今後のラウンドで検証出来ると思います。

次はショートゲームです。それは100ヤード以内を必ず3打以下で上がるように心がけたのです。
それには100ヤードスコアカードが有効です。前回ラウンドした小田原ゴルフ倶楽部松田コースから付けだしたのですが、このスコアを付けるとショートゲームの力量がはっきりと分かります。

13-9-4JPGA100ヤードスコア

ゴルフダイジェストに載っていたものをそのまま表にして作ったものです。
つまり、100ヤード以内から何打で上がったかをスコアにするのです。
そして、最終パットの距離(歩またはヤード、Yanaはm)を記録します。
目指すスコアはホール平均2.5打以下、CID(最終パットの歩数)は18ホール合計30歩以上です。プロやトップアマはこの数値以上になるようです。
この数字が表しているのは、いかに寄せワンが出来るか?いかに、ミドル、ロング、決めるべきパットを決められるか?です。

今回、Yanaの前半はアベレージクラス、後半はトップアマクラスで平均でもかなり良い数値です。
特に、後半のハーフはいかにショートゲームでスコアを作ったかが分かります。午後のスタートホールからパーオン出来ず、2ホール目から寄せワンで凌いで、5ホール目でチップインのご褒美。それからさらに寄せワンとロングパット1つづつで、パット数は11です。
今後のラウンドもこの100ヤードスコアを付けて、レベルアップを図りたいと思います。

スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt


世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ