アプローチは等速スイング

前回書いたアプローチに関連した内容の記事が今週の週刊ゴルフダイジェストの「考えないショートゲーム」ページに載っていました。
アプローチの距離感はバックスイングからフィニッシュまで「等速で振ることが大切」だと説明しています。
一定のリズムで安定してスイング出来ればアプローチ上手になるかと言うとそうでもないのです。
プロでも完璧なテンポで1日中プレー出来る時は少なく、たまにはラウンド中にスイングテンポが変わったりする訳ですがアマチュアのようにダフッたり、トップすることは希です。アマチュアはスイングテンポが崩れて一旦ミスショットが出ると、その後ミスショットの連続になったりします。原因はヘッドコントロールが出来ていないからです。
「等速で振る」と言うことは「手」の運動量と「ヘッド」の運動量がリンク(同期)する必要があります。
等速で振ることが出来ないとヘッドコントロールは難しいのです。
ヘッドコントロールとはフェイス面の角度(ロフト、方向)やスピードの変化を自分の意思で行えることです。
アプローチは狙った距離を正確に打ち分ける技術が必要です。その為にまず重要なのはヘッドのスピードを上げないでインパクトする必要があります。アプローチは「上げたヘッドを落とすだけ」と言われたりしていますが、多くのアマチュアは上げたヘッドを手首を使って落下させています。正しくは「上げたヘッドが自然落下で下降する道筋を作り、必要あれば自分の意思通りのヘッドスピード出して落とすだけ」であるとYanaは解釈しています。

手首を使ったアプローチをするとダウンスイングでヘッドが思った以上に加速しスピードが上がります。手首を使う動きは「ボールを打つ意識」の現れです。スイングとしてはヘッドをリリースすると言う形になり、インパクトで右手首が伸びます。リリースしたインパクトは、自分の意思でヘッドスピードをコントロール出来ません。

よくあるケースですが、アプローチが上手くいかないゴルファーにインパクトで「手をこねてはダメ」と諭す人がいます。実は打っている本人は「手をこねている」つもりはないのかもしれません。もし、本人の意思で「手をこねて」いるとしたら「手をこねる」のを止めれば直るはずです。何回も繰り返し同じように「手をこねる」のでしたら、切り返しでヘッドを加速させる動作(手首を使ったり、右肘を回したり)があると思った方が良いでしょう。ショートアイアンのヘッドは重量があり、加速させると振り回されます。つまり「手をこねる」動作はインパクトでヘッドが必要以上に加速して勝手に走ってしまうので、他人から見れば「手をこねている」ように見えるのです。

下の画像の「しま」さんのインパクトでも右手首が伸びています。中央の方が手首の動きが少ないのでインパクト以降右手首の角度は多少維持出来ています。
アドレスで作った右手首の角度をバックスイング~フィニッシュまで維持出来れば等速スイングになり、ボールを右手で下から投げるようなイメージで、ボールを運ぶ(又は押す)インパクトになります。
アプローチ「しま」さん、Yana比較

画像に記した赤い線は同じ経過時間のシャフトの位置です。等速であれば同じ間隔になります。
左は「しま」さんの今までの打ち方でのチップショット。中央は「しま」さんが今取り組んでいるヘッドを無重力状態にした切り返しです。右はYanaのロブショット。

画像を分析してみると、「しま」さんは切り返してからインパクト迄の時間経過の半分を手首を使ってヘッドを動かしています。(赤い線3本分)
この間にヘッドは加速し始めていますが、距離は切り返しから1/4しか移動していません。ここから腕を振ってインパクトを迎えるのに残りの半分の時間(赤い線3本分)で残りの3/4の距離をヘッドは移動します。自分が思っている以上にヘッドは加速しているかもしれません。そうなると無意識にインパクト前でヘッドを減速させるように腕の動きが止まってしまうケースが出てきます。手が止まってヘッドが勝手に走ってトップになる現象です。アプローチのミスはこのメカニズムによる場合が多いのではないでしょうか。

①→切り返しのヘッドの位置。「しま」さんは切り返し前に手首を右親指側に深く曲げる癖があるのでトップでヘッドが高く上がります。Yanaは手首の動きを抑えているので低いトップです。

「しま」さんはダウンスイング開始で曲げた手首を戻す動きがあるために切り返し直後は腕が殆ど下がらず、トップの位置でグリップエンドを支点にしてヘッドが下降します。その為、左のスイングではインパクト前にヘッドスピードが上がっています。多分、自分が思っている以上にヘッドが下がってダフリ気味なショットになっています。

中央のショットではトップでヘッドが静止していますが、やはり切り返しで手首を戻しているのでヘッドは少し加速しています。このショットのイメージとして良いトップの位置は②です。そこから静かに切り替えせればヘッドコントロールの効いたナイスアプローチになると思います。

ちなみに中央のスイングで50ヤードのピッチショットであればスピンの効いたナイスショットでしょう。
下の動画でヘッドを「無重力状態にする」切り返しを見て下さい。
動画の順番(画像:左、中央、左スロー、中央スロー、Yanaスロー)
中央のスロー動画ではトップで固まっているように見えますが、このくらい大げさにやらないと身に付きません。

手首の動きを抑えて、このくらいヘッドが静止するトップで切り返す練習をすれば等速で振るアプローチが習得できると思います。

「スタック&チルトゴルフスウィング」はアマゾンで購入出来ます。

スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt

世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー


ヘッドコントロールの重要ポイント

「タメ」を作るのにヘッドの動きが重要であることに気づいてから、過去の様々なショットで切り返しのヘッドの動きを調べてみました。
Yanaのショットだけではなく友人などのショットも見ると、全員が切り返しでヘッドが大きく動き出しています。
このようにダウンスイング開始の早い段階でヘッドが加速し始めると、ヘッドが鉛直線上を過ぎて下降し始めた時には加速に重力落下が加わってヘッドスピードが増しています。このように切り返してヘッドが大きく動き出すとヘッドは思っているより早く落ちてしまいます。早ければ「左腕が地面と平行」、遅くとも「左手首が右太腿辺り」に腕が下りた時点で自分自身でヘッドコントロールが出来なくなっています。いわゆるアーリーリリースで「ボールを打ちにいってる」状態です。
ここからインパクトまで1m以上の距離をヘッドは移動しますが、これ以上ヘッドを加速させることは出来ず、フェイス面のコントロールもままならないのです。

プロは切り返しでヘッドの動きが静かで、多くの場合地面と平行に動き出します。
プロがよく言う「ヘッドを置き去りにした切り返し」です。下の画像を見て下さい。
ヘッド動きショット比較

上段の2枚はドライバーショットです。左は「しま」さん、右はYana。
「しま」さんは切り返しで手首が動く癖があります。手首を支点にしてヘッドが上昇しています。
Yanaは手首の動きは少ないのですが、手を下げて切り返しています。
二人とも腰、左肩の切り返し動作が出来ていないのです。

下段2枚は素振りです。左がYanaのドライバー、右は「だっちゃん」のアイアン。
二人とも左肩の回転で切り返すようにしているので、左腕主導でクラブが下がっています。プロの切り返しと同じヘッドの動きです。

これらのスイングで特徴的なのがクラブシャフトの動きです。各画像のシャフトの軌跡を見て下さい。シャフトが交差するポイント(赤丸)が、ヘッドの動きが少ないほどヘッド寄りになっています。
つまり切り返しでヘッド側を支点にしてグリップエンドが下がるようにダウンスイング出来れば「タメ」が作れることになり、インパクト直前までヘッドコントロールが出来ます。
それには、切り返しで手首や右腕の無用な動きを無くすことです。まずは、両腕の脱力が重要です。

ドライバーリリースポイントタイガーYana比較

クラブヘッドが加速しない切り返しが出来るとリリースポイントが体の正面になり、ヘッドコントロールも容易になります。タイガーは特にリリースポイントが遅いので十分な「タメ」が利き、ヘッドをコントロールしています。この画像でもフェイスがオンプレーン上でボールに向かってスクエアになっています。
Yanaのヘッドは既にリリースされていてここからはヘッドはコントロール出来ません。無理やりヘッドをコントロールしようとすると意思通りには出来ないのでフェイス向きが大きく変わりミスショットは避けられないでしょう。

切り返しでのヘッドの動きはアプローチでも大切です。特に短い距離のアプローチでは腕の振りが小さいのでトップでヘッドが動くとショットのコントロールは難しくなります。
「しま」さんもアプローチが安定しない悩みがあります。その原因は切り返しでの手首の動きのようです。

しまアプローチバックスイング比較

グリーンカラーからボールまで3ヤード位、ピンまで5ヤード位のロブショットの練習です。
左が「ダフリ」、中央が「トップ」、右がナイスショットです。
①最初のショットでは切り返しで手首を使ってヘッドを上に上げています。
②2番目のショットは最初がダフリだったのでトップを小さくしたようです。但し手首の動きはありました。
③3番目のショットはやはり手首を使っていますが、ゆったりした切り返しが出来ていました。このようにタイミングが合えばナイスショットになります。

しまアプローチダウンスイング比較

①最初のショットはヘッドが早めに落ちてダフリ、チョロになってしまいました。
インパクト手前で腕の振りが止まっています。
②切り返しが早くなり反射的に左腕を引いてしまいトップです。
③腕が等速で振れてヘッドスピードも一定になってナイスショットです。

アプローチショットを上手く打つコツはトップからフィニッシュまで腕を等速で振ることです。インパクト手前で速度を落とすとヘッドが加速してしまうのでトップし易くなります。
また、切り返しで手首や右腕を使うとダウンスイングでヘッドが加速してしまうので、イメージより手前でヘッドが落ちてダフったりします。
アプローチの微妙な距離の打ち分けが必要な緊張した場面では、普段通りのリラックスした腕の振りが出来なくなります。「しま」さんのように手首の動きを主体としたスイングでは、腕の振りより手首の動きの割合が増えてヘッドコントロールが困難になりミスショットの連発になったりします。
安定したナイスショットをするには手首の動きを抑えた、静かな切り返しを覚えるのが最善の方法です。

ヘッド動きアプローチ比較

左は「しま」さんの切り返し、右はYanaです。
「しま」さんはアプローチでも切り返しで右肘、右手首が動きます。
そのために、グリップエンドを支点にしてクラブヘッドが動いてしまうので、ダウンスイングでは思ったよりヘッドが早く下がってしまいます。この手首の動きがヘッドコントロールを困難にしているのです。
Yanaはヘッドが軽くなるように感じてから切り返しています。芹澤プロはこのタイミングを「ヘッドが無重力状態になる」と表現しているようです。バックスイングで手首の余計な動きがなくなると、ダウンスイングで腕の速度に同期してヘッドが動くようになります。
この切り返しができるとヘッドのスピードやフェイス向きがコントロール出来ます。
同じ位置での切り返しでもヘッドを寝かせながらインパクトして高いボールにしたり、または立てながらインパクトして低いボールにすることも出来ます。
通常は一定のフェイス角でインパクトして常に同じ高さの弾道が出せるように練習しています。
「しま」さんも、バックスイングで手首を動かさない練習をしているので、もう少しでこのショットを習得できるでしょう。

「スタック&チルトゴルフスウィング」はアマゾンで購入出来ます。

スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt

世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー


素振りとショットの違いは?

前回記事に関連して、以前から気になっていた素振りとショットの違いを詳細に分析してみました。
約2年前にも同じような記事を書いています。その時から「ずうーと」気になっているのです。→過去の記事を見る
分析したスイングは素振りとその直後のショットです。ですからショットも素振りにかなり近いスイングのはずです。
まずはキャスティングです。

素振りとショットのキャスティング

左が素振りで、右がショット。
今まで素振りでキャスティングの動きがないと思っていたのですが、実はあったのです。
しかし、ショットと全然違うタイミングです。ショットでは切り返しと同時に行われているキャスティングが素振りではヘッドを加速すべきタイミングで行われていました。

ショットの場合、切り返し時にグリップエンドが下向きに動いているために反動でヘッドが上昇し加速し始めています。
このヘッドの加速は本来意図していないので、ダウンスイング以降のヘッドコントロールが出来なくなってしまいます。

これに対して、素振りの場合は左肩の回転で腕が下がり、シャフトが下降している時にキャスティングが起きています。このタイミングであれば、グリップエンが下向きに動いても、自然と落下していくヘッドを加速させているのでヘッドコントロールが出来ます。
つまり、キャスティングもショットの時に素振りと同じタイミングであればあまり気にすることはないのです。

次は切り返しでの体全体の動きです。

素振りとショットタメの違い

トップ
①-1・・素振り・・
腰が回転し始めて、左肩が少し動きそれに連れて手が動こうとしています。
①-2・・ショット・・切り返しは「よっこらっしょ」と言う感じで腰と左膝が目標方向と反対に動いています。
このタイミングで手が先に動いています。非常に格好悪いです。
左腕が地面と平行
②-1・・素振り・・腰と左肩が回転してクラブヘッドが少し動いていますが、ヘッドが丁度加速し始めた状態です。
②-2・・ショット・・腰と左肩がやっと回転し始めています。但しクラブヘッドはトップの位置から大きく動きかなり加速しています。
左腕が右太腿前
③-1・・素振り・ハーフウエイダウンでシャフトと左腕の角度が90度以下になっていて「タメ」が効いています。
この状態ではクラブヘッドは加速されたばかりなのでクラブヘッドはリリースされていません。
③-2・・ショット・・同じくハーフウエイダウンですが、既にクラブヘッドはリリースされています。いくら「タメ」を効かそうとして、シャフトと左腕の角度を90度に保っているつもりでも、実際はクラブヘッドの加速力が増してヘッドをコントロール出来ないのです。

タイガー・ウッズのような「タメ」を作るには切り返しでクラブヘッドを加速させないことが大切です。
その為にはやはり前回記事に書いたように滑らかな切り返しで、「左肩と腰の回転を先行させることが重要である」ことを確認できました。コンパクトなスイングを目指すよりは左膝と腰と左肩を意識して滑らかに切り返せる練習をするしかありません。

素振りとショットのを交互に見せるようにした動画です。
切り返しの違いを見て下さい。


「スタック&チルトゴルフスウィング」はアマゾンで購入出来ます。

スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt

世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ