お尻を突き出す?!

最近の週刊ゴルフダイジェストではタイガー・ウッズを代表とするPGA選手を多く特集しています。記事の内容はやはり「左足体重の回転」打法です。従来の日本的打法とかなり違っているので、以前は詳しい解説はあまりなかったのですが、このところスタック・アンド・チルト打法に近い解説やその進化系と思われるような記事も見かけます。
10/22号の特集にある「大型ヘッドはドローで飛ばせ!」はまさにその内容です。トップで「右のお尻を目標方向にスライドさせて切り返す」のがポイントと書いてあります。

なぜか偶然なのですが、Yanaもこの動作に注目していて先週の日曜練習でタイガーの「でっ尻」スタイルを真似していたのです。
でっ尻トップYana、タイガー
左が通常のトップです。中央がタイガーをイメージした「でっ尻」のトップ。右はゴルフダイジェストのスイング分析の2013年のタイガーのトップです。
スタック・アンド・チルト打法では、トップまでは腰、両肩の中心が両足の中心に重なるようにするのが基本です。
しかし、新DVDでは「腰を大きく回すと飛距離アップが出来る」との解説もあり、前回記事のトロイ・マッテソン選手などは中央のトップのようになっています。
この腰の回転もバックスイング開始時から回転させるのではなく、腰を前後のずらした後にお尻を出っ張らせるようにして腰が回転しています。やはり飛距離はアップします。

Yanaがイメージする「でっ尻」はダウンスイング以降、腰の重量で上体を引っ張り下げる効果があると考えています。

丁度、水飲み鳥がお尻に液体を貯めて一気に体を起き上がらせるように、ダウンスイングで腰を目標方向にスライドさせながら回転すると、その重さに引っ張られるように上体と腕が連動してクラブを引き下げるのです。
水飲み鳥
2~3枚目の動きをイメージしています。→動画を見る

スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt

世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー

ドライバーの弾道

ドライバーの理想的な弾道のショットデータは過去に紹介しました。→過去の記事を見る
では、高い弾道、低い弾道などはどのように打ち分けるのでしょうか?
新DVDに選手による弾道の違いを解説した項目がありますので紹介いたします。
まず、過去の記事で紹介したトロイ・マッテソン選手(Troy Matteson)のデータを見ましょう。マッテソン選手は2013年シーズンはあまり調子が出ないようでした。レギュラーシーズンでランク125位に入れず、ウエッブ・ドット・コムツアーで石川遼選手の少し後ろの順位で2014年のシード入りをしました。
ドライバーの軌道①
①ヘッドスピード  ・・・・52.6m/s(117.6m/h)
②アタックアングル ・・・・0.6度ダウンブロー
③クラブ軌道    ・・・・1.3度右
④スイング軌道(垂直方向)・45.4度
⑤スイング軌道(水平方向)・0.8度右
⑥ダイナミックロフト・・・・11.7度
⑦フェイスアングル ・・・・0.9度オープン

①ヘッドスピードはプロとして一般的です。
②若干のダウンブローですがほぼレベルスイングです。
②~⑦で綺麗なドローボールになるデータです。
⑥ダイナミックロフト11.7度になっているのはインパクトでオープンフェイスになっている為です。

ドライバーの軌道②

上の画像は選手による弾道の違いです。
左からギャレット・ウイリス(Garrett Willis)、ビル・ランディ(Bill Lunde)、JJ・ヘンリー(JJ Henry)、ヘンリーはシード選手。
弾道の違いはフェイスアングルと体重配分で決まります。
ドライバーの軌道③

ギャレット・ウイリスのフェイスアングルは2.6度クローズで左方向へボールが飛び出しています。一方JJ・ヘンリーのフェイスアングルは3.5度オープンで右方向へボールが飛び出しています。
ドライバーの軌道④
ギャレット・ウイリスはインパクトで右足に体重が残っています。JJ・ヘンリーはほぼ左足一本の体重配分です。体重が左足に完全に乗れば高い弾道のドローボールになります。もし、高いフェードボールが打ちたければ、ボールを左足つま先辺りに、ティーを高くしてセットすればよいでしょう。
ボールの「最高到達高」はギャレットの場合約20m、7階建てマンションくらいでJJ・ヘンリーが約28m、10階建てマンションの高さです。
JJ・ヘンリーの弾道の高さがPGAでの平均です。
それぞれのドライバー飛距離は、
ギャレット・ウイリス・・・キャリー260ヤード、トータル285ヤード。
ビル・ランディ・・・・・・・・キャリー270ヤード、トータル300ヤード。
JJ・ヘンリー・・・・・・・・・キャリー270ヤード、トータル305ヤード。
アゲンストの場合はギャレット・ウイリスのようなショットが有効ですね。


スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt


世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー

コックとヒンジ

ゴルフスイングの解説で出てくるコックとヒンジ、どちらも手首の曲げ方についての用語ですが日本語訳を示します。
コック(cock):撃鉄(ハンマー)
・・・・左図の拳銃の⑥の部分です。弾丸の雷管を叩く金属の部品で前後に動きます。

ヒンジ(hinge):蝶番(ちょうつがい)、丁番(ちょうばん)
・・・・右写真。開き戸・開き蓋などの開く建具を支え開閉できるようにする部品。
撃鉄と丁番

さて、ゴルフにおいてのコックとヒンジですが、中々明確に区別されていないようです。
それぞれの単語の意味からするとコックは「縦の動き」で、ヒンジは「横の動き」のようです。
コックとヒンジ手首アップ

左写真2枚はコックです。手首を親指方向に曲げています。
右写真2枚がヒンジです。手首を右手甲側に曲げています。
スイング解説によっては手首の動きはコックとヒンジの両方の動きが必要のようですが、最近、Yanaはコックだけを意識するようにしています。

スタック・アンド・チルト打法ではスイング中、右手首の角度を変えないように説明されています。右腕とシャフトが作る角度をフライングウェッジと言い、この形を作るのが右手首のコックです。ヒンジでも同じ形になります。
コックとヒンジのフライングウェッジ
左写真が「コック」によるフライングウェッジです。
右写真が「ヒンジ」によるフライングウェッジです。(赤い線が作る角)
ここで重要なのが左腕です。コックの方は左腕の手首辺りが内転しています。「ヒンジ」の方は内転が見られません。(青い矢印)
左腕の内転はとても重要な要素なので機会があったら記事にしてみます。
以前、Yanaはフライングウェッジを作るのに「ヒンジ」の意識が強かったのです。もちろんコックもしているのですが右手首を甲側に深く曲げて、インパクトでスナップを効かすようにしていたのですが、スタック・アンド・チルト打法ではあまり良い動作ではありません。

スタック・アンド・チルトのDVDでは「インパクトではクラブをリリース(開放)し、フォローでリコック(再コック)する」と解説されています。「ヒンジ」を強く意識したインパクトでクラブをリリースすると右手首のスナップが効いてフライングウェッジの形が崩れてしまいます。(下写真左)さらに、ヘッドが先行して左手首が甲側に折れる「フリップ」(下写真左2枚目)になってしまい、飛距離の出ない、方向性が安定しないショットになってしまいがちです。
フリップとサムダウン
今は「コック」を意識したフライングウェッジ(上写真右3枚目)なので、インパクトでクラブをリリースしてもフライングウェッジは崩れず、飛距離アップに重要な「サムダウン」(右写真4枚目青い線)になり、このままフォローで親指方向にクラブを立てるとリコック(再コック)します。
つまり、フライングウェッジを崩さずにスイング出来るのです。
また、前回記事の「手首を柔らかく使う」のはコックの動作なのです。


スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt


世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー


livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ