インパクトゾーンの右手

前回記事の右肘の支点でヒッティングの姿勢に入ってからの右手の動きについて説明します。
スタック・アンド・チルト打法ではアドレスで作った右手の角度を保って(フライングウエッジ)インパクトするようにしますが、両腕はダウンスイングでローテーションしているので両手もそれに合わせて回転します。

左手首の動きは過去に何回か記事にしました。
(ハンドファーストのインパクト→記事を見る

左腕の動きはベン・ホーガンの解説が非常に分かり易いのです。これについては非常に役立つゴルフサイトの「ゴルフ豆辞典」の「腕のローテーションとスイングのタメ」を参考にして下さい。→サイトを見る

これで、左腕の振り方と左手首の動かし方は分かりましたが、右手はどう動くのでしょう。ボールを打つ意識が強いとインパクトで右手首は手の平側に折れます。この時の右手はドアノブを右に廻すように動きます。クラブフェイスを持ち上げてボールを上げようとする動作のあるゴルファーはさらに深く右手が折れます。

この右手の動作は上記の左手首の動作やフライングウェッジと逆になり、正しい動作の妨げになります。
インパクト右手
左2枚はインパクト前です。
左1枚目では右手でボールを打つ意識が強いのでしょうか?
右手首が伸びています。
2枚目は右手首の角度が維持されています。
インパクト以降の右手首の形が3枚目と4枚目で全く違っています。
ドアノブ右手左回転
右手はインパクトでボールを上から押さえ込むようにします。
ドアノブを左に廻すような動きです。但し、実際の動きはほんの少しです。
この右手の動作によりフライングウェッジを保て、分厚い当たりを確保できるのです。

「スタック&チルトゴルフスウィング」はアマゾンで購入出来ます。

スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt


世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー

右肘の支点

素振りでは上手くいく切り返しですが、ショットになるとどうしても力が入ってしまうのでしょうか、グリップエンドが下がってしまいます。本来は腰と左肩で切り返したら右肘が下がらなければいけないのです。どうして右肘が下がらないのか色々チェックしていたら、どうも「右肘の支点」がポイントのようです。
バックスイングで上がっていく左腕を右腕が押し上げていきますが、体に密接していた二の腕が右脇腹で離れていく場所が「右肘の支点」にならなければいけないのです。今までは右脇腹を廻って下がっていました。
切り返しで右肘をこの支点に向けて直線的に下げれば「タメ」の効いたダウンスイングができそうです。

タイガーのスイングと最近のYanaを比べて見ました。
右は修正した場合の腕とクラブの位置をコラージュしたものです。(赤のシルエットは実際の腕とクラブの位置です)
右肘支点タイガーYana①
①バックスイングで右脇腹を「右肘の支点」として右腕を上げていきます。
トップまで常に右肘が支点を指すようにします。
支点から上がって行く左腕がフラットになる感覚です。

右肘支点タイガーYana②
②トップ、切り返し直前の位置でも、右肘が支点を指すようにします。
実際は少しづれても右肘が支点を指している感じが大切。
③右肘が支点を指していればフェイスの向きはほぼ上を向きます。
右肘が支点を外れてクロスシャフトになっていたのが、レイドオフになってくればしめたものです。

右肘支点タイガーYana③
④切り返しで、右肘が支点を向いていれば支点と右肘の距離は近くなります。

右肘支点タイガーYana④
⑤切り返し直後に右肘を支点に向けて下げていきます。
左手甲が上を向いたまま、下がってきます。
⑥クラブヘッドは上がらず、地面と平行に低い位置を保って移動します。

右肘支点タイガーYana⑤
⑦右肘が支点に付いたら、ヒッティングの体勢に入ります。
右肘が支点で止まり右腕が伸び始めます。
⑧右肘がトップから支点に向かって直線的に動くようになれば、クラブヘッドを高く保てます。
ここで、グリップエンドをボールに向けて、フェイスが軌道上でボールを指すようにします。

以下の解説はYanaの改善ポイントです。
右肘支点タイガーYana⑥
⑨左腰を後方へ大きく回転させれば(バンプ)インパクトに向かって前傾が深くなります。
⑩前傾姿勢を保ったままインパクト出来れば、両腕も前方に伸びます。

右肘支点タイガーYana⑦
⑪左腰が大きく回転すれば上体も廻り、後ろから見ると左肩の背中が見えます。(黄色の円)
⑫クラブを投げ出すように両腕が伸びています。
⑬腰が移動しているので右足も伸びます。
⑭バンプによって腰が後方へ移動したので、尾てい骨が中心に位置して上体は右に傾いてバランスが取れています。

以上、解説したように右肘の支点を意識したダウンスイングが出来れば、「タメ」が効いてハンドファーストのインパクトが出来るようになると思います。さらに、ダウンスイングで左腰を左後ろポケット方向へ突き出すようにバンプすれば上体の前傾が保たれて両腕の伸びた大きなフォローが取れるようになると思っています。

「スタック&チルトゴルフスウィング」はアマゾンで購入出来ます。

スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt


世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー

アプローチは等速スイング

前回書いたアプローチに関連した内容の記事が今週の週刊ゴルフダイジェストの「考えないショートゲーム」ページに載っていました。
アプローチの距離感はバックスイングからフィニッシュまで「等速で振ることが大切」だと説明しています。
一定のリズムで安定してスイング出来ればアプローチ上手になるかと言うとそうでもないのです。
プロでも完璧なテンポで1日中プレー出来る時は少なく、たまにはラウンド中にスイングテンポが変わったりする訳ですがアマチュアのようにダフッたり、トップすることは希です。アマチュアはスイングテンポが崩れて一旦ミスショットが出ると、その後ミスショットの連続になったりします。原因はヘッドコントロールが出来ていないからです。
「等速で振る」と言うことは「手」の運動量と「ヘッド」の運動量がリンク(同期)する必要があります。
等速で振ることが出来ないとヘッドコントロールは難しいのです。
ヘッドコントロールとはフェイス面の角度(ロフト、方向)やスピードの変化を自分の意思で行えることです。
アプローチは狙った距離を正確に打ち分ける技術が必要です。その為にまず重要なのはヘッドのスピードを上げないでインパクトする必要があります。アプローチは「上げたヘッドを落とすだけ」と言われたりしていますが、多くのアマチュアは上げたヘッドを手首を使って落下させています。正しくは「上げたヘッドが自然落下で下降する道筋を作り、必要あれば自分の意思通りのヘッドスピード出して落とすだけ」であるとYanaは解釈しています。

手首を使ったアプローチをするとダウンスイングでヘッドが思った以上に加速しスピードが上がります。手首を使う動きは「ボールを打つ意識」の現れです。スイングとしてはヘッドをリリースすると言う形になり、インパクトで右手首が伸びます。リリースしたインパクトは、自分の意思でヘッドスピードをコントロール出来ません。

よくあるケースですが、アプローチが上手くいかないゴルファーにインパクトで「手をこねてはダメ」と諭す人がいます。実は打っている本人は「手をこねている」つもりはないのかもしれません。もし、本人の意思で「手をこねて」いるとしたら「手をこねる」のを止めれば直るはずです。何回も繰り返し同じように「手をこねる」のでしたら、切り返しでヘッドを加速させる動作(手首を使ったり、右肘を回したり)があると思った方が良いでしょう。ショートアイアンのヘッドは重量があり、加速させると振り回されます。つまり「手をこねる」動作はインパクトでヘッドが必要以上に加速して勝手に走ってしまうので、他人から見れば「手をこねている」ように見えるのです。

下の画像の「しま」さんのインパクトでも右手首が伸びています。中央の方が手首の動きが少ないのでインパクト以降右手首の角度は多少維持出来ています。
アドレスで作った右手首の角度をバックスイング~フィニッシュまで維持出来れば等速スイングになり、ボールを右手で下から投げるようなイメージで、ボールを運ぶ(又は押す)インパクトになります。
アプローチ「しま」さん、Yana比較

画像に記した赤い線は同じ経過時間のシャフトの位置です。等速であれば同じ間隔になります。
左は「しま」さんの今までの打ち方でのチップショット。中央は「しま」さんが今取り組んでいるヘッドを無重力状態にした切り返しです。右はYanaのロブショット。

画像を分析してみると、「しま」さんは切り返してからインパクト迄の時間経過の半分を手首を使ってヘッドを動かしています。(赤い線3本分)
この間にヘッドは加速し始めていますが、距離は切り返しから1/4しか移動していません。ここから腕を振ってインパクトを迎えるのに残りの半分の時間(赤い線3本分)で残りの3/4の距離をヘッドは移動します。自分が思っている以上にヘッドは加速しているかもしれません。そうなると無意識にインパクト前でヘッドを減速させるように腕の動きが止まってしまうケースが出てきます。手が止まってヘッドが勝手に走ってトップになる現象です。アプローチのミスはこのメカニズムによる場合が多いのではないでしょうか。

①→切り返しのヘッドの位置。「しま」さんは切り返し前に手首を右親指側に深く曲げる癖があるのでトップでヘッドが高く上がります。Yanaは手首の動きを抑えているので低いトップです。

「しま」さんはダウンスイング開始で曲げた手首を戻す動きがあるために切り返し直後は腕が殆ど下がらず、トップの位置でグリップエンドを支点にしてヘッドが下降します。その為、左のスイングではインパクト前にヘッドスピードが上がっています。多分、自分が思っている以上にヘッドが下がってダフリ気味なショットになっています。

中央のショットではトップでヘッドが静止していますが、やはり切り返しで手首を戻しているのでヘッドは少し加速しています。このショットのイメージとして良いトップの位置は②です。そこから静かに切り替えせればヘッドコントロールの効いたナイスアプローチになると思います。

ちなみに中央のスイングで50ヤードのピッチショットであればスピンの効いたナイスショットでしょう。
下の動画でヘッドを「無重力状態にする」切り返しを見て下さい。
動画の順番(画像:左、中央、左スロー、中央スロー、Yanaスロー)
中央のスロー動画ではトップで固まっているように見えますが、このくらい大げさにやらないと身に付きません。

手首の動きを抑えて、このくらいヘッドが静止するトップで切り返す練習をすれば等速で振るアプローチが習得できると思います。

「スタック&チルトゴルフスウィング」はアマゾンで購入出来ます。

スタック・アンド・チルト打法を詳しく知りたい方はホームページを見てください!
http://esse.world.coocan.jp/stackandtilt

世界最高峰のクラブを!
トム・ウイッション・ゴルフ・テクノロジー製品は→
こちらから


トム・ウイッションドライバー919THIなど米国製ゴルフクラブのオンラインショップです。
↓下のバナーをクリックして下さい。

ショップ広告バナー


livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ